FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行先で盗難に遭った時の帰宅法 ~生活安全課へ駆け込む~

さて、生活安全課というのが市役所にあります。生活保護とかもここに申請するのでしたっけ。あと緊急的に住民に10万貸してくれたりする制度もあるそうです。







ここに駆け込めば金を貸してくれる、なんて説もあります。









ここは無理でした!








生活安全課は基本住民しか保護してくれません。







要件は、3ヶ月以上住居を同じにする自治体の住民のみになるので、旅行先でのトラブルの保護はしてくれません。







そりゃそうですよね、生活しているわけではないので生活安全課は範疇外でしょう。







ただし、例の公衆接遇弁済制度は使えます。生活安全課ではなく市役所企画課へ行くと良いそうです。






ただ前述もしましたが、これは通達上なんで実はもう実質廃止の自治体もあるそうです。







何勝手に廃止しているんだって文句も言えません、通達なので。







ちなみに大阪はもう殆どこの制度、機能していないという話です。予算がつけられていないそうです。






なので、1000円ずつ借りて、少しずつ移動して、最終的に金貸してくれない自治体に辿りついたら積みます。







自力で歩いて一県抜けなくてはなりません。







それが静岡や岩手みたいなでかい県だと完全に積みますね。







なかなか世知辛い世の中になってまいりました。








皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー。







旅行先で盗難に遭った時の法的救済措置 ~身内がいれば電車賃後払いが出来る~PageTop旅行先で盗難に遭った時の帰宅法 ~警察が金貸してくれる制度の落とし穴~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/755-3e08aad7

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。