FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺になる可能性が高い。 ~VALU騒動~

刑法第246条

・人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

・前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。








詐欺の要件です。よく騙されただけで「詐欺だ!」とか言いますが、財物を交付させる所までやらないと詐欺にはならないそうです。








で、弁護士の人が言うには








「優待を付けると欺いて、買いを煽った」







そして、優待が発表されることは無かったということですね。







もちろん財物は交付させられてしまっていますから、これを「欺いた」という事が裁判上認められれば詐欺として成立します。






これは刑法の詐欺ですが、民法の詐欺もあります。







民法第96条

1、詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

2、相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

3、前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。






民法の詐欺だと騙された側から契約の取り消しが一方的に可能です。先方の同意はいりません。







そして取り消されたら、原状回復(金返せ)の請求ができます。







この線はどうでしょうねえ。








「何かわからんけど、何か優待あげるわ」というのが「欺いた」という要件になるのかというのが問題ですね。








こればっかりは専門の人に聞いてみたほうがいいかもしれません。








まあこの詐欺の話も弁護士の人が言ってたので、専門の人っちゃ専門の人なんですがね。






皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー






権利を売っている事業と考える ~VALU騒動~PageTop贈与契約として捉えてみる。 ~VALU騒動~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/750-6656ea8b

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。