FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続放棄は大変だ ~一番欲しい資料が手に入るのは最後~

で、最終的に義祖母の本籍地を探し当てて、何が必要かというと「戸籍の附票」というのが必要です。






戸籍の附票というのは「生まれてから死ぬまで、本籍地をどこからどこへ何回移したかがわかる資料」だそうです。







それを持って、裁判所に義祖母が亡くなったという事を証明することが出来ます。






むしろその資料最初に頂きたいもんですねえって思いますが、手に入るのは最後です。キィ!






因みに戸籍は、一応法律では「誰でも誰の戸籍でも取ることが出来る」という話ですが、その後に「行政は、正当な理由がない場合は断る事が出来る」という話なんで、結局誰でも取る事は出来ないという事です。






しかし「直系(祖父母、親、子供孫曾孫)なら理由なく取る事が出来る。」という話です。






所が例えば「別れた元旦那、嫁」とかだと、直系ではなくなるので、自由に取れないそうです。





あと、弁護士、司法書士、行政書士などの資格持ちも理由なく貰えるという事です。






しかし親子孫関係の証明が必要なので、戸籍取るのに戸籍を送らなければならないみたいな、エビで鯛を釣る的な事も必要だという事です。







めんどくせえ!






この辺、なんですかね。法務省なんでしょうか、総務省なんでしょうか。本当、ちゃんと整備して欲しいですよね。






相続放棄は大変だ ~遺言は遠方でも取り寄せられる~PageTop相続放棄は大変だ ~戸籍には一つ前、一つ後の本籍地しか書いていない~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/743-9f0d1383

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。