FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドの経済学 ~バンド業界を復活させるには~

さて、当ブログは「経済が活性化すれば9割解決する」という事で、大体の話は経済回復でうまくいくという事に無理矢理帰結させています。






では、結論言ってしまいましたが音楽業界、ライブハウス、バンドを再び盛り上がらせる方法を考えました。







盛り上がる、とはどういう状況かを定義します。






ライブハウスがガンガン出来る、バンドがそこにこぞって出演にやってくる、音楽好きのお客さんが沢山やってくる、ヒットチャートにバンドが沢山入る。






こんな所でしょうか。







答えは簡単、景気がよくなればまた盛り上がります。






まずバンドの財力。景気がよくなればバイトの時給も上がります、良い楽器も買えます。






バイトの時給が上がれば、働く時間を減らすことも出来ます。と言う事は余暇を音楽活動に使えます。






そもそも景気が良くないと、人々の時間とお金に余裕が出来ません。音楽なんて、時間とお金に余裕が無いと楽しめないものです。






お金があれば余暇が作れます。と言う事はライブハウスに足を運ぶことも出来ます。







ライブハウスに余裕が出来れば、ライブハウス自体の宣伝をすることも出来ます。






景気が良くなればCDもまた売れるようになり、音楽プロモーションは次に売るバンドを発掘したり、プロモーションする財力になります。






上記の事全て、なぜ出来ていないかと言うと景気が悪くて業界ライブハウスバンドマンに金が無いからです。






と言う事は景気が回復すれば全て上手く回るのです。







景気がよくなってもそんなに上手くいかない、というのはまず20年の不景気から抜けだしてから言って下さい。






「景気なんか回復させても上手くいかない!」という理由で、景気を回復させるなという理論には死んでも賛同できませんね。






というわけで、バンドマン、ライブハウス、音楽業界関係者の皆様方も、是非景気の回復祈りつつ、増税や緊縮財政等を主張する不景気派政党や政治家は、音楽の力を借りて批判してやってはどうでしょうか。







皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー、






相続放棄は大変だ ~裁判所から書類が来た!~PageTopバンドの経済学 ~バンドの財政運営は大変だ~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/736-eda9a92a

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。