FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空請求ハガキの大体の方向性二種類

架空請求で暫く遊ばせていただきましたが、架空請求はおおまかに二種類にわけられますね。






まず一つは裁判所系。「裁判起こされてますから、和解したけりゃ連絡よこせ」系です。






そもそも裁判起こされたら裁判所から「特別送達」が来ます、特別送達は郵便屋さんが必ず届けてくれます。自宅がわからないなら勤務先など、手を変え品を変え必ず届けるように法律で決められています。






「届いてませんけど」が通用するペラ葉書一枚で、事が済まされるわけがないので安心して下さい。







次に、これは最近のトレンドでは無いみたいなのですが債権回収会社系、つまり「お前が見た有料サイトから債権譲渡されたから、以後こっちに返すように」という内容の葉書が来ます。






これに関しては






・債権は基本的に債務者の合意なしに譲渡が出来ない。
・債権回収業者として法務省の許可が要る。許可を取った業者は法務省のHPに名前が乗る。
・債権回収業者は、社名に「債権回収」を入れなければならない。






この手の葉書は「勤務先にバラす」や「家族にバラす」「給料財産差し押さえする」などのフレーズで揺さぶってきます。






さて、じゃあ仮に借金を取り立てるとなると、それはそれでルールがあります。ルールを破ると違法取り立てになります。



貸金業法21条

貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。


1,正当な理由がないのに午後9時から午前8時までの時間帯に、債務者に電話をかけたりFAXを送信したり、家に訪問すること
2,債務者が弁済する時期、連絡する時期、連絡を受ける時期を申し出た場合に、正当な理由がないのに、債務者に電話をかけたりFAXを送信したり、家に訪問すること
3,正当な理由がないのに、債務者の勤務先や自宅以外の場所に電話、電報、FAX、訪問すること
4,債務者を訪問した場所において、債務者からその場から退去するように意思表示されたにもかかわらず退去しないこと
5,債務者の私生活に関する事実を債務者以外に明らかにすること
6,債務者に対し、債務者以外の者から金銭の借入その他これに類する方法により、貸付の契約に基づく債務の弁済資金の調達を要求すること
7,債務者以外の者に対し、債務者に変わって弁済することを要求すること
8,債務者以外の者が、債権の取り立てに協力することを拒否している場合において、債権の取り立てに協力することを要求すること
9,債務者が弁護士や司法書士に貸付の契約に基づく債権にかかる債務の処理を委託、または民事事件の手続きを取り、弁護士や裁判所から書面による通知があった場合に、正当な理由無く債務者に電話、電報、FAX、訪問などにより債務の弁済を要求すること。
10,債務者に対して1~9のいずれかに該当する言動をすることを告げること






詰まる所「平穏な生活送りたきゃ金返せ」という脅迫まがいな行為は大体禁止されています。






仮にじゃあちゃんと督促が来るとしたら、下記の事をちゃんと書かなくてはなりません。これも貸金業法で決められています。





1,貸金業者の名称、住所、電話番号
2,書面または電磁的記録を送付する者の氏名
3,契約年月日
4,貸付金額
5,貸付利率
6,支払い催告にかかる債権の弁済期
7,支払い催告する金額
8,支払い催告時におけるその催告にかかる残存債務の額
9,支払い催告する金額の内訳(元本、利息、賠償額など)
10,書面または電磁的記録を保証人に送付する場合は、保証契約の契約年月日、保証債務の極度額、保証人が負担する債務の範囲






で、架空請求の葉書には上記のことはほぼ書いてないと言っていいでしょう、電話かけさせたいんだから全部分かったら電話かけてくれないからです。電話で聞けってことです。





ただ、ちゃんとした業者ならちゃんとその旨書面でかいてあります、そもそも葉書で送ってこねえです。







というわけで、架空請求に対してもそうですし、実際借金した時もこんな知識を持って自分の事を防衛して行きたいものですね。






皆さん、どうお考えでしょうか。ではまたー。





中国は大切なビジネスパートナー?PageTop「潜在成長率」を持ち出して成長を否定する二通りの人

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/708-3755350a

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。