FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空請求ハガキを添削してみた。 ~給料差し押さえのルール~

第三弾です。皆さん面白そうな架空請求ハガキの画像をお持ちなら是非ご提供下さい。下火みたいなので、あんまりネタが転がっていませんw






架空請求はがき3







毎度おなじみ「独立行政法人」的な役所の下部組織でも、裁判所の下部組織でもない、弁護士法人でも弁護士の名前もないのに「双方の権利義務の確認」などは、非弁行為です。






非弁行為に突いては前回触れましたので今回はいいです。







さて、今回の論点は「給料や財産の差し押さえ」です。







例えば「俺財産ないから大丈夫」と言う人も給料はあるでしょう。







じゃあ借金返し終わるまで給料が差し押さえられて全く貰えない、なんてことはありません。決まりがあります。







上限は給料手取りの1/4です。それ以上は差し押さえをすることが出来ません。







それ以上差し押さえが出来る人は、手取りが44万超えている人、すなわち富裕層です。年収に直すと800万くらいの人です。






じゃあ月手取り10万の人が1/4とか持っていかれるのはキツイだろってなりますが、その場合は申し立てにより差し押さえ上限がさらに拡張されるので、救済措置もバッチリです。






そしてそもそも、差し押さえとなるとこんな葉書ペラ一枚で成立する事はありません。






差し押さえは難しいです。貸し手が借り手の「この財産差し押さえます」というのを、ちゃんと指定できないと差し押さえ出来ません。と言う事は借り手の財産ちゃんと捕捉出来てないと不可能という事です。






事前に裁判所から書類来ますよ「貴方の債務◯◯円を、貴方の財産(具体的に何を持っていくか)差し押さえます」という、ちゃ~んとした書類が裁判所から特別送達って形で来ます。






いやあ、この手のクソ業者は本当法律舐めてますよね。まあだからこそ違法行為なんてやってんでしょうけどw






皆様も是非こういった法律なめてる業者には騙されず、当ブログもそういう事に騙されない一助になれば良いと思います。






皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー。






野党の経済政策の主張に経済対策が無いPageTop先代の無茶で消費税増税は頓挫

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/704-692bb57b

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。