FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業100時間報道のトラップ

残業100時間上限の法案が通ったとかいう話がめっちゃ報道されてましたね。




残業「月100時間未満」実現(日経)






もう、私はこういうニュースの報道の仕方にはウンザリしています。







そんで、それを見た人が「政府なにやっとんねん」とか怒っているのを見ると、もうなんだかなあって思います。







まずこれを弁護する人に「今まで上限無かったのがついただけマシ」と言う人が居ます。








その弁護の仕方も微妙にズレてると思います。








まず、この月間100時間の前に年間上限が設けられています。720時間です。







月で割ると60時間ですね。








これを敢えて報道せず「残業100時間!残業100時間!」と報道してるメディアばっかりですね。







じゃあ仮に100時間残業させましょう、そうすると8月の初旬には年間上限に達します。8月中旬から年末まで残業は1分たりともゆるしませんという話になります。







青天井からこれは、かなり大きな改革だと私は思いますよ。








まあ問題は残業の上限もあるんですが、それ以上にサビ残とかみなし残業制度の恣意的運用とか、そういうのを対策する方が先ではないかなと思います。







つまんない報道の仕方はやめてほしいものですねえ。







皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー。







700回突破記念、特に何もやらないスペシャル。PageTop「やめたら損害賠償を請求する」と脅す企業の末路

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/691-3cbc7aff

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。