FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先代の無茶で消費税増税は頓挫

仕事でも、前任者が無茶やって後任の人が苦労するなんて話がよくありますw







例えば前任の人が「絶対売れるんで沢山仕入れてください!」ってゴリ押しした商品が全くうれなくて、先方で在庫がかさんだとか、信用が無くなったとかで後任が苦労するなどよくある話。







さて話は変わりますが、税金とはめっちゃ単純に言うと名目GDP×税率です。









名目GDPが1%増えれば税収も1%増えますし、名目GDPが変わらないで税率が1%増えれば税収が1%増えます。






さて、2014年に消費税を3%増税しました。








消費が落ち込みました。みんながお金使うのをやめました。








税収、下がりはしませんでしたがGDPや個人消費は下がるか横ばいの繰り返し。







GDP500兆のうち個人消費は6割すなわち300兆、この300兆にかかる消費税を3%上げても、個人消費が3%落ち込めば税収は行って帰ってゼロ。







結果3%は落ちませんでしたが、下がりました。影響無しなんてことは無かったということです。








さて話は戻りますが、この2014年の増税は役所のゴリ押しで起こったと言われています。








なんか話によると増税反対派の議員や、テレビによく出る学者やコメンテーターの人の所にはお役所から官僚が「ご説明」に伺っていたとか。








モリタクさんや高橋洋一さんの所にも来たというのは言ってましたねw ある日急に増税賛成に鞍替えした議員も私は知ってますw








そのご説明を鵜呑みにした議員や評論家は「消費税を上げても経済には影響はありません」と大合唱。







そんで、今どうなっているかというと個人消費は減ったまま戻らず、インフレ目標も達成できず、設備投資なんかでなんとかGDP下がってない位の話です。







賛成した議員の人たち、そして政府や総理も思っているでしょうね「めっちゃ影響あったやないか、どうしてくれんねん」と。







そして、そのゴリ押し増税を手動した敏腕役人達はとっとと定年でやめちゃって、それはいいけど次10%に上げる話どうするのと。







そりゃあ政府も国会も簡単にはさせてくれませんよ。実際景気悪いんで。








先輩方が無茶やったから後輩が大迷惑、消費税増税も2度に渡る延期、このままでは2019年に予定されているのも怪しい。







まあ、自業自得ですねw







恨むなら無茶した先輩方を恨んで下さい。まあ増税辞めて景気よくなれば2%なんてすぐ取り返せますよ。







これからは景気良くなる事で増収をするという方向に切り替えて欲しいもんですね。







皆さんどうお考えでしょうか。ではまたー。





架空請求ハガキを添削してみた。 ~給料差し押さえのルール~PageTop架空請求ハガキを添削してみた。 ~内容証明送れば差し押さえ出来るの?~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://takahashi04510.blog17.fc2.com/tb.php/689-998a674b

プロフィール

ケンケン(草)

Author:ケンケン(草)
お金は正義。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。